お料理CUISINE

お料理イメージ

先代から受け継がれる蟹へのこだわりと美食づくしのおもてなし。
「極上」を体験する口福な時間。

お料理 蟹イメージ

毎朝、出汁をひくところから

料理の仕込みは、毎朝、ダシをひくところから始まります。カツオ節とサバ節と柴山の上質な水を使って丁寧に。
一番ダシのみを贅沢に使用しています。
先代から受け継がれる黄金色のダシは、かにすきのおいしさを支える欠かせない存在です。

お料理 出汁イメージ

素材の鮮に手を添える、それだけ

毎年11月6日から3月20日までがシーズンとされる「柴山がに」とは、柴山港で水揚げされる松葉がにのこと。
柴山では船で運ぶ際の品質管理に長けているほか、110ものランクに選別される日本一厳しい基準が設けられているなど、
おいしく食べてほしいという、柴山の人々のプライドと誇りが詰まっています。
だからこそ、素材には手を加えすぎないように。そして、一番おいしいと思うやり方で、ご提供するよう心がけています。

4〜5月と9〜10月は「香住がに(紅ずわいがに)」尽くし。
海を休ませるため底引網漁が行われない6〜8月は活イカやアワビ、近海で獲れる魚を使ったバラエティ豊かな献立をご用意しております。

ご夕食

  • ご夕食イメージ01
  • ご夕食イメージ02
  • ご夕食イメージ03
  • ご夕食イメージ04
  • ご夕食イメージ05
  • ご夕食イメージ06

    おひとり様につき、かに2.5杯のフルコースです。
    「活がに刺身姿造り」をはじめ、鮮度が自慢のメニューには活けの蟹を。館内のいけすで活きの良さをぜひご確認ください。
    その場で調理し、冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに。
    ただし、「茹でがに」だけは加工屋さんが専用釜で茹で上げたものを再加熱などはせずにお出ししています。
    1日3組だけのお客さま分の蟹を夕庵の厨房で茹でたものと、100杯近い蟹を一度に茹で上げる加工屋さんとでは、
    茹で汁に滲み出たエキスの濃度も、再び蟹身へと染み渡る旨味の戻りもまるで違うからです。
    数ある加工屋さんの中から夕庵亭主が惚れ込んだ、絶妙なあんばいをお楽しみください。

    ご朝食

    • ご朝食イメージ01
    • ご朝食イメージ02
    • ご朝食イメージ03
    • ご朝食イメージ04

      地元の加工屋さんから仕入れる干物や生ちくわを厨房でふっくらと焼き上げています。
      煮物やサラダに使う野菜、ガス釜炊きの但馬米コシヒカリは契約農家から。
      但馬地鶏の卵など、地元食材を中心とした健康的でカラダにやさしい和食をご用意しています。

      食事処

      食事処「黄金こがね

      食事処から正面に見える山は大正10年から21年の間、金や銀、銅が採掘された鉱山です。
      その海岸の岩の上に1本だけ生息する松の木は1年中葉が黄金色のため、
      「黄金の松」として町の天然記念物に指定されています。
      地域の人の大切なものから名前をいただきました。
      ランチのみのご利用も可能です。

      TOPお料理